ゲーム

ドラゴンクエスト2プレイ後記・感想 其の一

どうも、kuro(@kuro28493045)ですm(_ _)m

もしこのブログを読んでくれてる方がいればだけども・・。とうとうドラクエ3部作、
ロト三部作がこのプレイ後記・感想で完結。そう、今回はこのタイトル。

ドラゴンクエスト2

プレイしたのは3DS版だけども、オリジナルが制作されたのは今から約30年前。
懐かしさはもちろん感じたけれど、つまらなさは全く感じなかった。
やっぱすげぇ。ドラクエクオリティ(*´▽`*)

昔プレイしたことがあってこの記事読んで懐かしく感じた人、あるいは
やったことないけどちょっとおもしろそうと感じた人はドラクエ1、2、
3は何かしらのハードでやってみてもいいと思う。
3DSはもちろんのこと、WiiのバーチャルコンソールとかSwitch
でもやれたと思う。いい暇つぶしにもなるし、満足できると思う。


それではこっからが本編。
ドラクエ1で竜王を倒し、世界に平和が訪れてから時は経ち。(たしか100年くらい)

本作の主人公はローレシア国の王子、サマルトリア国の王子、
ムーンブルク国の王女の3人。このお三方がドラクエ1の勇者の
子孫たちという設定。このお三方で力を合わせて悪の大神官ハーゴンに
立ち向かうというストーリー。

ストーリーはこんなカンジで・・・。
よし、さっそくやるぞと「ぼうけんをはじめる」にカーソルを合わせて始めてみたものの、
オープニングからいきなり魔物に襲われて城が滅びるさまを見せられる。

こんなシーンからゲームがスタートするのはドラクエ2とドラクエ4の第5章くらいじゃ
ないだろうか。なかなかの悲惨な光景からのはじまり(;・∀・)

そんな悲惨な光景が終わり、舞台は変わってローレシア国へ。
ローレシア国王子が父親である王様から激励の言葉をもらって旅立とうとしているところ。

・・・・・(-_-)zzz
オープニングの王様(父親)の話はすぅ~っと聞き流し、早速旅に出る。

初期装備は銅の剣と皮の鎧。実の息子をモンスター溢れる外の世界へこの装備で
放り出すって厳しすぎる。よくよく考えたら。ワンチャン死ぬよ?

まずはセオリー通り、有り金の大半を使って薬草を買い込む。
これで傷ついてもすぐに回復できる。ってか現実世界でこんなすぐ回復できる薬草を
持ってたらヤバイ草に決まってるよな。だめ、ぜったい。

当面の目標は仲間を集めること。冒頭でも書いたけどもローレシア国の王子以外には
サマルトリア国の王子とムーンブルク国の王女がいる。まずはサマルトリア国の王子から。

サマルトリアに到着するもこちらの王子を探しに旅に出かけ入れ違い。なんだよなぁ。
「勇者の泉」なる場所へ向かった情報を聞き、そこへ向かうも既に立ち去った後の様子。

ふぅ(;・∀・)

次に向かったのはスタート地点のローレシア国とのこと。ようやく合流できると思ったら、
また入れ違い。

・・・(*´Д`)

そしたら今度はサマルトリアに戻ったんじゃないかとの情報が。

まじ、いい加減にせーよ(-“-)
合流するの、こんなめんどくさかったかな。覚えてないからもっとすんなり仲間に
できるもんと思ってた。

サマルトリアに戻ってみたらまだ戻ってない。
まじ、どこよ。王子様。サマルトリア王子の妹の話によるとのんきなところがあり、
道草をくっているんじゃ・・・とのこと。もしや・・・

ローレシア国とサマルトリア国の間にリリザという町が。
もしやと探索をしてみると・・・・。
いたいた。宿屋でのんきに座って休んでるよ(;・∀・)

そんなこんなでよーやくサマルトリア王子と合流を果たすことができた。
これ、まだ序盤も序盤。こんなペースで書いていたらいつまで経ってもドラクエ2の
クリアまで書けない(;・∀・)

サマルトリア王子との合流、尺取り過ぎなんだよな(*´з`)
次回からは少しペースアップしていきます。

其の二へ続く・・・