体のケア

筋トレ番外編:体のケア~股関節・臀部(お尻)編

どうも、kuro(@kuro28493045)です。

今回は体のケア(ストレッチ)の重要性について自分の知り得る知識を
「筋トレ番外編、体のケア」として記事にしてみようと思う。
俺・・・・体硬いんだけどもね(;・∀・)

シリーズものにできるかはわからないけれど、できればネタ尽きるまで書きたい(;^ω^)
して、体のケアの第一発目のテーマは↓
体のケア~股関節・臀部(お尻)編( `ー´)ノ

自分が体硬いということはブログ内でも再三発言しているので知っている
人もいるかもだけど・・・くどいけど俺は体がバリカタの人間だ(・ω・)ノ

それでもトレ前のストレッチはそれなりに時間かけてやっているし、自宅でダラダラ
しながらもなんとなくやり始める時もある。

体が硬いのは一朝一夕には改善できないけれど、かと言って・・・
「体どうせ硬いし、ストレッチとかケアなんてしてもなぁ・・めんどくせぇ( ゚Д゚)」
なんてしてると筋トレで怪我をするリスクが高くなるだけでは済まない場合もある。
あと体硬い場合、トレの時に可動域が十分に取れないことはあるかも。

今回の記事で体のケア、特に股関節・臀部(お尻)をケアすることでどんなメリットが
あって、しないとどんなリスクがあるのかを紹介しようと思う。
トレは安全第一。怪我しないのが一番(。-_-。)


股関節の役割

重要ポイント!股関節の役割( `ー´)ノ

股関節は体の中心点!そのバランスが崩れれば他の部分に負担がかかる。
股関節は立つ、座る、歩く等の動作の中心。その中心部分のバランスが
崩れると他の筋肉や関節、更には内臓にも負担がかかることになる。

まぁまぁ怖い表現も使って書いたけれど負担がかかるというのは詰まるところ、
「運動機能の低下」、「(女性の場合)生理機能の低下」、「内臓機能の低下」
指している。

もちろん自分から意図的にバランスを崩す人なんかいるわけがなくて、日常生活の中で
取る行動によって少しずつ年月をかけて崩れていく。
なんでよほど意識をしない限り、自分で気づくことは難しいと思う。

ストレッチを始めて「あれ?」って感じたり、改めて鏡で自分の姿勢を見たときに
初めて気づくんじゃないだろうか。自分もストレッチを意識してやり始めた時に
「んっ?(;゚Д゚)!」ってなったんで。

でも正直そこまで強い実感は無いもんだから・・・
「ほんとかなぁ・・・(-。-)y-゜゜゜」
なんて思ってしまわなくもないけど、いくつも資料見て表現違えど同じことが
どの資料にも書いてあった。これは間違いない。


股関節のバランスが崩れる要因

重要ポイント!股関節のバランスが崩れる要因( ..)φメモメモ

長時間のパソコン作業や立ち仕事に従事している大半の人が骨盤が前傾、
あるいは後傾したりして凝り固まっている可能性が高い。

つまりはデスクワークに従事している人はそのほとんどが股関節の
バランスを崩しているといっても過言じゃない。

あと座っていても立っていても長時間同じ姿勢を続けていれば骨盤が
凝り固まるだけでなく、お尻の筋肉の柔軟性も失われる。
臀部(お尻)の筋肉が硬くなれば腰、背中の筋肉を引っ張るので背中一帯の
凝りや疲労にもつながる。

だからスクワットやる時には臀部(お尻)の筋肉をストレッチとかグリッドフォーム
ローラーでほぐさないと腰が曲がらずにしゃがめない。理屈に合っている。

あと股関節には下半身に血液を送るための太い血管もあったり、リンパ液を送る
ためのリンパ節があったりと重要な部分でもある。なので日々のメンテナンスを
することはすごく有益。

・・・わかっちゃいるけれど日々やるのは結構難しい(-“-)
でもジムや家でトレ前にストレッチをする以外にもリラックスしている時や、
ダラダラしている時に少しでもやる。これを続ければちょとずつでも改善されて
いくんじゃないだろうか。

体の中心と言われているだけあって股関節と臀部(お尻)が及ぼす体への
不調の影響は多岐に渡ることがふわぁ~っとでも伝わっただろうか(;・∀・)

最後に股関節と臀部(お尻)のケアに適したストレッチと関連アイテムの紹介。
特にアイテムについてはお値段以上の価値があると俺は思ってる。

股関節のストレッチ、開脚が苦手(-“-)

そんな人には素晴らしいアイテムだと思う。当然俺にとっても(・ω・)ノ


股関節と臀部(お尻)のストレッチ・アイテムの紹介

①ストレッチについて

今まで書いてきたような症状を解消する為のストレッチとしては開脚前屈や
お相撲さんのシコを踏むような動作が効果的。

これは自分が実際に写真を撮って見せるよりネットで調べた方がわかりやすいと思う。
残念だけども説明のクオリティがね・・・(;一_一)

自分もこれはネットで調べた。当然毎日やっている・・・とは言えないけど、
週の半分くらいはほんの少しでもいいからやるようにしている。
まだまだ痛さの方が勝っているけども(;・∀・)
んでここで大事なこと↓

ストレッチは何でもそうだけど無理に伸ばしたりしないこと。

こればかりはね。体の柔らかい友人、知人に聞いてもみんな同じことを言われる。

地道にやらないと柔らかくならないし、健康も改善しない。

地味だけど、コツコツやるしかないってこと。コツコツと言う部分はトレと一緒(・ω・)ノ

次、アイテム紹介。股関節が硬い人はさっきポイントで書いたけど開脚前屈がなかなか
難しいと思う。自分もそうだから。
これ使うとすごく開脚しやすいからストレッチもやりやすい。おススメ( `ー´)ノ


②ストレッチアイテム紹介:フレックスクッション

フレックスクッションとは?

フレックスクッションは股関節が硬い人、つまり自分のような人が股関節の
ストレッチをするのにすごく役立つアイテム。

フレックスクッション自体は何の変哲もない台形型のクッション
だけれども、これに座ることで自然と骨盤が立って背筋が伸びる。

長座前屈や開脚前屈ができないの人のほとんどの原因が骨盤が寝ている、
後傾している状態になっているからなんだけど、フレックスクッションに
座ることで自然に骨盤が立った状態になる。

これを使うとほんと、骨盤がたった状態になるのがすぐにわかる。
骨盤が立つから苦労してやっていた長座前屈、開脚前屈がちゃんと
できるようになる( `ー´)ノ

当然柔軟性って意味では自分はまだまだ全然なんだけれども骨盤の位置のイメージを
掴むにはもってこいのアイテムには間違いない。

今まで開脚ストレッチを行っていなかった人でもフレックスクッションを使って
前屈するのとしないで前屈するのでは全く違うのはすぐにわかるはず。
股関節バリカタの自分がわかるんだから、きっとわかる(;・∀・)

調べてみると他の使い方があるみたいだけど、俺は正直はまだまだそこまで到達は
出来てない。

とゆーか正直骨盤の位置を掴む、前屈の助けになるだけで十分満足しちゃっているって
ゆーのが正直なところ。それくらい「おぉ~」って思ってる。

もし股関節の柔軟性、臀部(お尻)の柔軟性を向上させたい人だったら、これは買い。