電子書籍リーダー

kindle paperwhite、買ってしまった

どうも、kuro(@kuro28493045)です。
タイトルからもわかるとは思うけど、とうとう買ってしまった。

Kindle paperWhite!!

前から興味あって買おうかどーしよーか迷っていたんだけれども。
まぁ買ってみてあんましだったらメルカリすればいーかなーと気楽に考えることにして
とりあえず買ってみた。

もし購入を考えてる人がいたならばこの記事が参考になれば。

それでそもそもなんで電子書籍リーダーを買おうと思ったのか。
なんかの記事で書いたかもだけど自分、社会人になってから本を読むのが結構
好きになった。

読んだ本がコレクションのよーに集まってくるのも見てて嬉しかったし。
でもこれにはおっきな問題がある。

本が増えると保管する場所が必要になるということ。場所とるから。

そんなの、増えたら売ればいーじゃんと思う人もいるだろう。
・・・ごもっともな意見だと思う。

でもね、ブックオフまで持っていくのがだるい。めんどくさい。
かと言って出張買取依頼するのもなんかお店の人に申し訳ない。
それにせっかく集まったのを売るのってなかなか決心が・・・←ダメなパターン

どうせ行くならまとめて持って行きたい。けど、それやると本重たい。

・・・どーしょもねー奴だと思われたかもしれない。思われても仕方ない。

俺もそう思う( ゚Д゚)

そこで電子書籍リーダーの登場というわけ
保管場所の心配はいらない。出先で本読み終わってしまっても、リーダーの中に他に
読みたい本を入れておけば、重たい本を何冊も持ち歩かなくていい。
(ハードカバー、持ち歩かないかwww)

でも今はスマホでも読めるじゃん。買う意味あんのかな・・・。そんなことを考えて
いるけど興味はある。使ってみたい。

もういーや、買ってみよ( `ー´)ノ

そんで買ってから1ヶ月くらい経ったのかな。
感想文、書いてみるんで興味ある人とか暇な人はよろしくですm(_ _)m


ここからが感想文。
今回、自分が買ったのはKindle paperwhiteとゆー機種。Kindleには3種類ある。

kindleのラインアップは以下の3機種

  • Kindle
  • Kindle paperWhite
  • Kindle oasis

※グレードはkindle<kindle paperwhite<kindle oasisの順に上がる

自分はまず値段から入った。一番いいやつ、kindle oasisは¥29980なり。

流石にこれは自分、ぽんっとは出せない。
となると残るはKindleかKindle paperwhiteの2択。あくまで自分の場合ね。

KindleとKindle paperwhiteの主な違いは容量と解像度、あとは防水の有無。
あとは広告が表示されるか、されないかの違いと価格。
広告についてはどんなか、後で写真載せるので。(自分買ったのは広告表示アリ)

まずは違いを表にしてみる。細かく書くとなんかワチャワチャしそうだから全部は
書かないけど。
・・・あー・・・でもやっぱついでだからkindle oasisも入れて書く。
自分は買えないけど欲しくなる人もいるだろうし。人それぞれね。

kindle kindle paperwhite kindle oasis
容量 4GB 8GB/32GB 8GB/32GB
解像度 167ppi 300ppi 300ppi
防水の有無
充電の持ち具合 1回の充電で数週間 1回の充電で数週間 1回の充電で数週間
重さ 174g 182g 188g
読みやすさ E-Inkで目に優しい E-Inkで目に優しい E-Inkで目に優しい
価格(広告有/無) \8,980/\10,980 \13,980/\15,980 \29,980/\32,980

※「kindle paperwhite」、「kindle oasis」の価格は容量8GBの場合

ざっと書くとこんな感じにはなると思う。
わかりにくい項目は解像度と広告の有無になるのかな。

まず解像度だけど調べたところ、kindleの167ppiという解像度でも本はもちろん読める。
読めるけど他の人のレビュー見たところ、小説読むならいいけど漫画とかになると
ちと解像度は不足みたい。

あとは広告の有無。これは正直、自分はずっと広告無を買おうと思ってた。
でもみんな広告無を買っているみたいで品切れで。・・・自分、結構あまのじゃく。

みんなが避けてる広告有。どんなもんか試しに買ってみて確かめてみよう。
簡単に書いているけど、決心するまでに数日かかっている。←実は優柔不断・・・

広告有って聞くと常に広告が表示されていると思う人もいると思う。
自分もそうだった。でも違くて。

まず広告と言っても色々な広告が表示されるわけではなく、kindleの書籍に関する
キャンペーン情報の為、煩わしい系統のものではない。
それに広告が表示される画面は決まっているし。

まずはスマホと同じようなロック解除画面。「お気に入りの一冊を~」と
書いてあるけど、これが広告。リンクにはなっていないので、タップしても
どこかにジャンプするわけではない。

続いて買った電子書籍が保存されているライブラリみたいな画面。←正式名称、知らない。

ちと写真がピンボケだな・・・。まあいいか。

画面下の方に文字小さいけど「おすすめの~とか」さっきみたく
「お気に入りの一冊を~」というのがあるのがわかるだろうか。
これ、広告。

広告表示画面、以上。本を読んでいる時は一切表示はない。
こんくらいなら広告表示有でも自分は許容範囲。貧乏くさい話だが広告有だと無に比べて
\2,000安いし、売り切れじゃないからすぐに買える。

悩んで数日使って損した(*´з`)
すぐに決めればよかった。

そして何より軽いし、スマホよりも確実に読みやすい。目がスマホほど疲れない。
もちろん今でもスマホ読むときもあるんだけれども。

また別の記事でスマホで読むのとkindle paperwhiteで読むのでどう違うかを
自分の感覚になってはしまうが書いてみようとも思うけど・・・
まずおっきな違いは操作性かな。

スマホとかで読むとページめくるのはシュッとウェブページを切り替える
みたいにできるけどkindleは少し感覚が違くて。
レスポンスがほんのちょっと遅いのとページをめくる時に画面が一瞬
白黒反転する。

スマホの操作性のレベルを電子書籍リーダーに求める人、一瞬の白黒反転だけど
気になる・・・
という人はkindle他、電子書籍リーダーは避けた方が無難。スマホ、PADにした方が
いいと思う。

とまぁこんなカンジで。
まとめるとこんな人なら買っても損したとは思わないんじゃないかと。

kindle買ってよかったと感じそうな人
  • 本が好きでたくさん読む人
  • 本読むの好きだけど保管場所に困ってる人(部屋がすっきりする)
  • 本を紙で読むことにこだわらない人
  • 荷物を軽くしたい人(実書と同じくらいか、それより軽い)
  • 広告表示とか気にしない人(広告無のもあるけど)
  • ページめくりがスマホに比べて少しもさっとしても気にしない人
  • もし電子書籍リーダー買おうか考えていてこのブログを読んでいる人いれば、
    参考に・・・・なるかな?