筋トレトリビア

筋トレ番外編:有酸素運動って何がいいんだ

どうも、kuro(@kuro28493045)です。

今回の記事は番外編。個人的にはやってないし、やるとしてもそんなに好きでは
ないんだけど。有酸素運動について。まあマラソンとかジョギングが代名詞に
なるんだろうか。

ちなみになんでブログで書こうかと思ったかというと、運動って筋トレをする人もいれば
ジョギング、あとはサイクリングをする人もいるけど。

実際に有酸素運動(ジョギング、サイクリング等)って何がどう体に
いいんだろうって思ったから。

やってる人は楽しいからって理由がもちろん根底にあるんだろうけど(;^ω^)
それで色々調べてみたらなんかタメになったし書いてみようかなと。
自分は足腰が強くなるだけと思っていたらそれだけじゃないみたい。


むかーしから「有酸素運動は体、健康にいい」って良く耳にしてると思う。
でも実際は有酸素運動の何がどう良いのかってそれっぽくでもわかってる人は
いないんじゃって思う。

有酸素運動とは・・・

普段の呼吸よりもたくさんの酸素を取り入れ ながら行う運動のこと。
代表的なものとしてはウォーキング、ジョギング、エアロバイクや
水泳等がある。
※筋トレと同様、 有酸素運動のレベルも個人の力量と目的に合わせる
ことが大事。

とまぁこんな感じで広義で有酸素運動というものがわかったんじゃーないかと思う。
ではもー少し詳しくいいところを探ってみたので興味ある方は続きを。

有酸素運動のいいところ其の一:心肺機能の向上

まず挙げられるのは心肺機能の向上。
有酸素運動は前述した通り普段よりも多くの酸素を必要とする。この有酸素運動を継続して
行っていくことで心臓が大きくなって一回の拍動で送り出せる血液の量が増える。

それによってたくさんの酸素を体内に取り込めるようになるので、階段の上り下りをしても
息切れしにくくなったり、心拍数の上昇も少なくてすむようになるので心臓がドキドキ
しにくいみたい。

有酸素運動のいいところ其の二:血管の機能向上

有酸素運動を行うことで心肺機能が向上することは「其の一」で
書いたけど、それに合わせて血管も変わる。

どう変わるかというと血管が拡張するので今まで以上に酸素を取り込めるようになる。
酸素を今まで以上に取り込めるようになる以外に、血管が拡張した分過度の血圧上昇を
防ぐ効果も。また血管の柔軟性も上がるので動脈硬化の予防にもなるとのこと。

有酸素運動のいいところ其の三:自律神経が整う

自律神経は血液循環、呼吸、消化吸収等 人間にとって必要な機能の調節に
深く
関わっている。 つまり自律神経がなければ、人は生きてはいけないと
いう
ことになる。
有酸素運動はその自律神経の働きを整えてくれるというわけだ。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経が優位に働くと血管は収縮して血圧が
上がり、活動的な状態となる。逆に副交感神経が優位に働くと血管は拡張、血圧は下がって
リラックスした状態となる。

現代人は交感神経の方が優位に働きすぎて自律神経のバランスを崩しがちみたいで。
有酸素運動は副交感神経の働きを優位にする効果がある為、優位になりがちな交感神経との
バランスを整えることが出来るというわけ。

有酸素運動のいいところ其の四:ダイエット効果

次に挙げるのは広く知られているダイエット効果。

有酸素運動は前述した通り、普段の呼吸よりもたくさんの酸素を取り入れながら運動を
行うことで体内の糖質や脂肪をエネルギーとして燃焼させる効果のある運動。

ちなみに有酸素運動って連続して何十分以上続けないと効果がないって
思っていないだろうか?

ちなみに自分はこの記事を書くまでそう思っていた。この文脈から察しがつくとは思うが・・・

有酸素運動は連続何十分以上続けないと効果がないというわけではなく。

例えば10分ずつ区切って行っても脂肪燃焼の効果はあるとのこと。ただ連続で20分以上
続けると、20分後あたりから体脂肪の燃焼効率が上がるという事実はあるのだが。

間違いなく有酸素運動にはダイエット効果があるわけなんだけども・・・

実は有酸素運動のダイエット効果、俺的には衝撃の事実があった。俺だけが知らなかった
可能性もあるんだけども。これって常識なんかな・・・

有酸素運動、ダイエット効果の衝撃事実

有酸素運動・・・確かにダイエット効果はあるけれども、その運動量に
対して効果はあまり効率的とは言えないみたいで。

ここで有酸素運動の例としてジョギングを考えてみる。
例えばジョギングで700kcal消費するにはどれくらい走ればいいだろうか?

ジョギングの消費カロリーは
「体重(kg)×距離(km)=消費エネルギー<kcal>」の計算で算出する。

ここで計算例として自分で考えてみると。
自分が700kca消費するためには・・・現在の体重は75kgなので・・・
75(kg)×9(km)=675(kcal)≒700(kcal)
これがおおよそ目安となる。

自分が調べたところ、走るペースとカロリー消費の因果関係はあまりないみたい。
なんか速いペースの方が消費しそう気がするけども。

9km走るのってかなり・・・いや、めちゃくちゃ俺は大変だと思う。これから運動を
始める初心者の方であれば、なおのこと。

おそらく1時間以上かけて走ることになるじゃないかと思う。有酸素運動なのでまーまー
ゆっくりとはいえ時間もエネルギーも使う。それに1時間も手足を動かし続けるなんて
俺には・・。

9km走って700kcal・・・じゃあ実際に700kcalって食べ物に例えると、
どれくらいの量になるんだろうか?

自分調べでわかりやすい例としてはオムライスひと皿、マクドナルドのハンバーガー
セット等があった。

オムライスはまだしも・・・マックのハンバーガーセットってちょっとじゃんね?
俺だけなんだろうか・・・?
お腹いっぱいにならないのに9km走ったのと同じだけのカロリー・・・

俺だったらハンバーガーセット、我慢しようってなる。・・・なるだけ。

とまあ有酸素運動のダイエット効果について自分が調べた情報はこんなカンジ。
自分の感想としては有酸素運動って単体でもダイエット効果があるのは確かだけれども、
欲しい結果とそれに必要な労力のバランスが合わないかなぁ~って印象。

もし自分がダイエットするんだったら有酸素運動は補助的にやって、メインは食事制限と
筋トレって感じになるかな。